【タイ飯】バーミー シーロムコンプレックス裏の屋台村

タイのグルメ , , , ,

IMG 1441
私がお昼休憩によく食べている、バーミーを紹介します。
タイのラーメンといった感じで、日本人になじみのある黄色い小麦粉麺が特徴です。

広告

場所はシーロムコンプレックス裏の屋台が集まっている場所にあります。
IMG 1378

一番右端に、今回のお店があります。
IMG 1438

甲高い声で「アロォ〜イ!アロォ〜イ・ナ・カ!(おいしいよ〜!)」と言って調理しているおじさんが目印ですw
今回のオーダーは「バーミー・ギィァオ・ピセー」と言って伝えます。
ギィァオは、ギョウザに音が似ていますがワンタンのような感じ。ピセーは、大盛り。
IMG 1434

お好みで、プリァオ(酢)、砂糖、チリ、ナッツの砕いたものを追加できます。
IMG 1436

これは何かわからないのですが、麺のほうにかけるとおいしいです。
IMG 1437

このお店は、麺とスープが別々の「ヘーン」が標準です。
IMG 1439
麺とスープを一緒にしてほしいときは「ナーム」をつけてオーダーするとできます。
このように→「バーミー・ギァオ・ナーム」

スープは大根と、豚ガラ、海苔が入っています。あっさり系で白コショウがきいています。
IMG 1440

麺のほう。ちょっとだけパクチーが入ります。
IMG 1441

これが、ギァオ。中は豚肉です。
IMG 1442

これが、ムーデーン。チャーシューのような感じですね。
IMG 1443

なじみのある小麦粉の麺です。麺にも白コショウがかけられます。
富山ブラックで育った私には白ではなく黒コショウのほうが好みなんですがねぇw
IMG 1444

一見、つけ麺のような感じですが、麺は麺で食べ、スープはスープとして飲んでいます。
また私の場合、他のお店でもだいたいスープは別の「ヘーン」でオーダーしています。
元々、麺はカタめが好きなので、スープも一緒に入るとすぐゆるゆるになっちゃうから。

並で35バーツ。大盛りで40バーツです。
お昼まで営業しています。夕方はやっていませんでした。
これ飲んだ後に食べたら最高なんだけどなぁ。


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です