ソンクラン世界最狂の水かけ祭り|主要4地区の攻略方法

タイの生活 ,

IMG 0806
世界最狂の水かけ祭りと言えば、タイのソンクラン。
最近は日本のバラエティ番組でも取り上げられ知名度は急上昇。
そんな祭りの攻略方法をまとめました。

広告

まずはメンタル面の準備。

  1. 怒らない
  2. 元々、水をかけて清めることが始まりの祭り。水をかけられようが、ドロをぬられようが、それは清められていると受け止めましょう。
    IMG 1138

  3. 逃げない
  4. 逃げるとさらに清められます。この女の子のように堂々と立ち向かいましょう。
    IMG 0712

  5. 開き直る
  6. ぬれることは良いことだ。
    IMG 0550

  7. ぬれる
  8. もう一度言います。ぬれることは良いことだ。
    IMG 0630

次にフィジカル面
体が資本のこの世界。

  1. 水鉄砲のチャージを適正に保つための腕力
  2. 水鉄砲は圧力をかけて発射するタイプがベスト。連射していくうちに飛距離がでなくなるので素早く圧力をチャージできる腕力が必要である。

  3. 下痢しないこと。下痢していないこと。
  4. 中には冷たい氷水で狙撃されることが多々有る。お腹が冷えると大変なことになる。

  5. 履きなれたサンダルで行くこと
  6. 戦場は広い。置いてけぼりにされないように。

  7. 防水対策
  8. スマホ、カメラ、お金はビニールケースに入れて持ち歩こう。また、体力温存のためにも必要最低限の所持品で挑むこと。

各戦場の特徴と攻略ポイント
主な4つの戦場について特徴と攻略ポイントを紹介する。

  1. シーロム
  2. 地下鉄MRTのシーロム駅とスカイトレインBTSのサラデーン駅に近く、一番アクセスしやすいポイント。しかしそれだけ人が多く、体力の減りは早い。
    また規制が厳しくなってきたせいか、放水車やピックアップトラック等から水をかける行為が禁止され、安全になった反面、面白みがなくなってしまった。個人的にはもう来年からは行かない。
    IMG 1146

  3. カオサン
  4. カオサンはファラン(欧米人)が多く、ノリもファンキーである。
    もはやタイの文化ではないと言っても過言ではない地区。
    しかし、カオサンにたどりつくまでも気をぬいてはならない。バイクタクシーや、トゥクトゥク(三輪タクシー)で行こうものならば、待ち伏せしている少年兵たちにバケツで総攻撃をくらう。
    水は有料になるゾーンが多いので、給水ポイントでまとめてお金を払って待ち伏せするのがおすすめ。
    IMG 0614

  5. セントラルワールド前
  6. 伊勢丹が入っているデパート、セントラルワールド前の広場。泡が飛び交う、なんともファンタスティックな現場。泡はすぐになくならないので、泡の中に人がいた!なんてことも。大人から子供まで楽しめる初心者向けのポイント。
    IMG 0766

  7. RCA
  8. 元々、クラブが多い地区。ソンクランの期間中は、特設屋外ステージも設置され、特に夜が盛り上がりのピークをむかえる。
    入場料300〜500バーツがかかる会場が複数ある。有料だが、水の補給に不便しないし楽しめる。
    IMG 1158

最後に、一番気をつけなければならないのが、窃盗、盗難、交通事故等である。
私の友人もひったくりにあっている。また飲酒運転する輩もおり、こちらは気をつけていても巻き込まれる可能性が大いにある。
いくら楽しい祭りといえど、油断は禁物。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です