【タイ飯】クアイティアオ・ルア・クルンガオ 豚の血が入ったスープが濃厚

タイのグルメ , , ,

IMG 1681
皆さんは、豚の血を食材として食べたことがありますか?
豚の血どころか、血を食材として食べることはあまりないかと思います。タイでは豚の血は食材です。
始めは抵抗がありましたが、バジルなどの香草と相性がクセになってしまいました。

広告

今回、紹介する豚の血入り米麺(クアイティアオ・ルア・クルンガオ)は、シーロムコンプレックス裏にあります。
IMG 1418

入り口にカフェのあるところです。
テーブルが並べられている奥が、今回のお店です。
IMG 1409

メニューはこの通り。

  1. 【小盛り】15バーツ
  2. 【並盛り】30バーツ
  3. 【大盛り】40バーツ
  4. ガオラオ 40バーツ
  5. ご飯 5バーツ

IMG 1417
ここのメニューは、。オーダーするときはタマダーとかピセーで通じますが、並盛りや大盛りを書いていません
お腹がすいた具合で表記されています。

「ヒウ・ノーイ」:お腹すいた
「ヒウ・マーク」:お腹がとてもすいた
「ター・ラーイ」:目が回る

また、ご飯は「カオ・スアイ」と言うのが一般的ですが、ここでは「カオ・プラオ」です。

私はいつも、「センレック ピセー」(中太麺の米麺、大盛り)40バーツ
「センレック」とだけ言うと、「サーンシップ?シーシップ?(30?40?)」と並盛りなのか?大盛りなのか?と聞かれます。
IMG 1412

具を盛りつける際に、豚肉か鶏肉か聞かれます。「ムー?ガイ?」
豚肉の具が食べたいときは、「ムー」。
鶏肉の具が食べたいときは、「ガイ」と言います。

最後に、豚の血を入れるか聞かれます。「サイ・ルア・マイ?
入れてほしくないときは、「マイ・サイ」と言いましょう。

自分の好みで、生もやしとスイート・バジルのトッピングができます。
スイート・バジルとスープの組み合わせが、いつもクセになります。
調味料は、砂糖、粉末唐辛子・酢(プリァオ)・ナンプラーがあります。
IMG 1413

IMG 1415

米麺が想像以上にアッツアツなので気をつけて。
IMG 1416

ガオラオと、カオ・プラオ(白飯)のセット。45バーツ
ガオラオをオーダーすると、「カオ・プラオ・マイ?(ご飯もいかが?)」と聞かれます。
IMG 1683

カオ・プラオ(白飯) 5バーツ
IMG 1682

クアイティアオ・ルア・クルンガオの、
クルンガオ」とは、直訳では「古都」だそうです。
日本の古都といえば京都ですが、タイの古都といえば「アユタヤ」。
つまり、アユタヤ系クアイティアオ・ルアなのです。

宇都宮ギョウザ、浜松ギョウザのような感じでしょうか?w
他にも、ランシットとアヌッサワリーもあり、それぞれ、
クアイティアオ・ルア・ランシット
クアイティアオ・ルア・アウッサワリー

といった系列があるそうです。B級グルメみたいですねw


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

“【タイ飯】クアイティアオ・ルア・クルンガオ 豚の血が入ったスープが濃厚” への 2 件のフィードバック

  1. 「カミ・イーノ」:トリデンにいます。
    違うか( ̄▽ ̄)

    で、肝心の血のお味は⁇

    1. 血が入っているって言われないとわからないね。
      ま、血をそのまま飲むなんて滅多にないね。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です