【タイ飯】クアイティアオ シーロムコンプレックス裏 屋台村 その1

タイのグルメ , , ,

IMG 1387
タイ料理のなかでも、辛くなくて食べやすい、クアイティアオ。
米の麺でできていて、クセもなく食べやすい一品。
今回は、私がお昼によく食べているお店のクアイティアオを紹介します。

広告

シーロムコンプレックスの裏には、屋台が集まっているテントがあります。
今回のお店もそのなかのひとつ。
お昼時は混み合います。まずは、先に席をとっておきます。
IMG 1378

中間ぐらいにある、このお店
IMG 1379

オーダーしてから、つくってくれます。
私のいつものは、「センレック・ピセー」(40バーツ
センレックは中太麺。ピセーは大盛り。
IMG 1380

待っている間に、箸とレンゲもってスタンバイ
IMG 1382

盛り付けの具材
IMG 1381

調味料もあります。
IMG 1383

IMG 1384

完成。あとはお好みで調味料で味付けします。
IMG 1387

私はいつも、チリを少しとナンプラーを入れます。
ナンプラー単体ではとても臭くて耐えれませんが、調味料として入れるとコクがでるので不思議。
IMG 1385

最近、ハマりつつあるのが、トムヤムのクアイティアオ
トムヤムクンとはちょっと違いますが、酸っぱ辛いスープです。
暑くて、ちょっと食欲がないときに、辛いのと酸っぱいのが食べやすいんです。

オーダーするときは、「センレック・トムヤム・ピセー」。
単語の順番違ってもだいたい通じます。
IMG 1741

タイ人スタッフも、ほかの屋台もあるので好きなところで好きなものをオーダーしてきます。
IMG 1389

この屋台村に、もうひとつクアイティアオのお店がありますが、私はこちらの方が割と好みです。
クアイティアオのお店は、スープの味が若干違うので、自分の好みを探し出すのも面白いかも。

この屋台村は、昼過ぎまでの営業です。
仕事終わりに一杯食べて帰りたいんですがねぇ〜


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

“【タイ飯】クアイティアオ シーロムコンプレックス裏 屋台村 その1” への 2 件のフィードバック

  1. 美味そうじゃん。
    オーダーして作ってもらってる間、待ちきれないね(^^)
    アツイ時期、酢が入っててサッパリ食べられる料理があるとうれしいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です