ラオス・ビエンチャンのナイトマーケットはタイ語が通じるのでタイにいるような気分…

アジア旅行記 , , ,

IMG 0915 3
タイのお隣、ラオス。
首都ビエンチャンは、タイとの国境沿いにあり、タイ語が話せるラオス人も多い。
ナイトマーケットでタイ語でやり取りして買い物できます。

広告

ラオスの首都、ビエンチャン。
メコン川がタイとの国境となっており、ナイトマーケットはメコン川沿いにあります。

赤い屋根のタープが軒を連ねていて、タイとは少し違った雰囲気です。
IMG 0906

タイ語で「いくらですか?」「Lサイズありますか?」など通じます。
ただ、日本人だと分かったのか、ラオス人が日本語をしゃべり、日本人(私)がタイ語をしゃべるという不思議な関係にwww
IMG 0901 2

以下、ナイトマーケットの様子

IMG 0911

IMG 0902

IMG 0900 2

IMG 0910 3

IMG 0903 3

ラオスの通貨

ラオスの通貨はキップ
しかし、まだ国際的信用がないのかラオス国外で両替できません。

また、ラオス国内でもタイバーツが使えるので、あまりお金を使わないのであれば、タイバーツでかまわないでしょう。

Tシャツ1枚でも何千・何万・何十万キップといった単位になるので、慣れないうちは、金額から価値が分かりにくい。w
電卓を持参されることをオススメします。


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です