【バンコクで】MacBookAirにWindows8.1英語版を入れてみた

ブログ・ITハック , ,

IMG 0414
MacとWindowsを1台のPCで使えるようになったら、便利ですよね。
バンコクで英語版WindowsOS(8.1)を購入し、MacBookAirで動かしてみました。

広告

まず、MacBookAirでWindows8.1を使ってみた感想は、「普通に快適」
重い処理をまだ試していませんが、普通に使う分には快適に使えます。

英語版インストールですので、日本語版とは勝手が違いました。
詳細なインストール方法については、省略してありますが、「Bootcamp windows インストール」など検索すると良いでしょう。

準備したもの

  • Windows8.1英語版 インストールディスク
  • Single Language

  • 外付けDVDドライブ
  • IO-DATA製

  • USBメモリ 8GB
  • 4GBでもOK

  • MacBook Air(日本で購入したもの)
  • 13inch 2012モデル
    ストレージ 128GB
    メモリ 4GB

バンコクでWindowsOSのディスク購入

ラマ9駅そばのフォーチュンタウン内にある、IT CITYにて購入。
もちろん正規版。
IMG 2295

価格は3290バーツでした。
IMG 0406

中身はこのようにディスクが1枚のみ。
IMG 0408

インストール

外付けDVDドライブを接続して、Windowsインストールディスクをセット。
BootCampから操作指示にしたがって、設定していく。
Windowsのために、ストレージを35GBに設定。(Windowsのシステム要件では20GBでも十分らしい)

再起動してWindowsの設定画面が進んでいく。
言語とキーボードの設定は、英語版のSigle Languageのため、日本語キーボードの設定ができない。
IMG 0412

インストールの途中で、Eメールアドレスを入力する場面がある。
日本語のキーボードの場合、キーボードの「P」の右横が「@」だが、英語キーボードの場合「2」のShiftで「@」となる。
なかなかこれは慣れないとイラっとする。

あとは操作支持にしたがっていけば、難なくインストール完了する。
IMG 0414

各種設定

日本語入力の設定

英語版Windowsといっても、操作メニューが英語なだけで、日本語入力は設定することによって可能です。
「Control Panel」を開いていて、「Language」を選択。
language
日本語がないので「Add Language」から日本語を追加します。
そして、日本語の「Option」をクリック。
option
Input methodを「Microsoft IME」だけにする。ほかのものはRemoveする。

スクロールの設定

MacのTrackpadに慣れている人は、「Trackpad++」をインストールすることでWindowsでも再現できます。
しかし、今回うまくインストールができず、スクロール方向のみをレジストリから変更しました。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です