タイのコンビニで買えるクスリ3選

タイの生活 , ,

IMG 0335
海外で体調を悪くすると都合が悪いものです。
常備薬を持参していれば問題ないですが、駐在員ともなると常備薬はタイで調達。
私がいつもストックしている、コンビニでも変えるクスリ3つを紹介します。

広告

体調が悪いと感じたら、すぐに病院へいって診察してもらうのが一番ですが、微妙なときにはクスリをのんでさっさと治したいですよね。
体調悪いけど休めない。そんなときにあると助かるコンビニでも買えるクスリ3つです。

解熱・鎮痛剤(パラセタモール)

IMG 0350
これはタイ人も、体調が悪いときに飲む定番のようです。
日本でもよく解熱剤として処方されました。
があってしんどいとき、頭がいたいときなどに飲むと効きます。

ただし、注意が必要です。飲んでから再度飲むときは4〜6時間ほど時間をあける必要があります。

姜黄(キョウオウ)

IMG 0339
お腹の調子が悪い時に効きます。
胃もたれなどのお腹の不快感に効きました
ターメリックなのでウコンと同じようですが、日本で定番のウコンドリンクとは異なるもののようです。
お酒飲むまえに飲む。ような感じではなさそう。
IMG 0340
裏面

IMG 0349
黄色いカプセルです。カプセルだけど匂いが漂いっています。w

穿心蓮(センシンレン)

IMG 0338
別名、ファータライチョン(FA-THALAI-CHON)
こちらはタイのハーブが由来の総合かぜ薬のようなもの。
ネットではインフルエンザに効くとか、ガンに効くとか様々な情報が飛び交っていますが、個人的には大して効果は実感できませんでした。
IMG 0337
裏面

IMG 0348
青汁カプセルみたいw

以上、3つのコンビニでも買えるクスリでした。
ですが、なるべく早く医師の診察をうけることをおすすめします。


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です