バンコクのIKEAに行ってみた。オシャレな家具をバンコクで揃えるならIKEAが間違いない。

タイの生活 , , ,

バンコク イケア
すっかりタイ人にも人気の、世界的大手インテリア家具専門店「IKEA」。
バンコクの郊外ショッピングモールMEGA BangnaのIKEAに行ってみました。

広告

まずはBTSウドンスックから無料シャトルバスで、MEGA Bangnaまで行きます。
行き方は過去記事にて書いています。
バンコクのIKEAに、無料シャトルバスに乗って行く行き方
バンコク イケア
名前にMEGAがつくほどの、MEGA Bangna。
半端なく広い!広い!広い!
IKEAに辿り着くまででも、ひと苦労です。
バンコク イケア
まずは、ショールームから順路となっています。
ショールームに展示されている商品があった場合、用意されている用紙かアプリでメモできるようです。
バンコク イケア
ショールームは見ているだけでも楽しい!
主にシンプルなものでまとめられていて、素敵なインテリアばかりです。
以下、ショールームの写真です。
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
バンコク イケア
ショールームの次は、実際の商品が陳列されています。
これがまた、広い!
IMG 2410
バンコク イケア
天井も見上げるほど高い!
IMG 2412
今回、圧力鍋がほしかったので、同じくMEGA Bangna内にあるロビンソンに売っているものと比較したのですが、IKEAに売っている圧力鍋のほうが圧倒的に安かったので、IKEAで購入しました。
ちなみに4Lで1890バーツでした。

買い物が終わったころには、歩き疲れて、IKEAのレストランでついついアイスを食べました。
IKEA、行動心理よんでますねぇ。笑

帰りも、無料シャトルバスで帰ろうかと思っていたのですが、歩き疲れて面倒になり、タクシーで自宅まで帰りました。
バンコク市街までなら、だいたい200バーツでお釣りがくるぐらいではないでしょうか。
帰りのタクシーで寝ていたので、渋滞していたかはわかりません。笑


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です