未だにタイでイラつくこと26選

タイの生活 , ,

バンコク タクシー 車内
突然ですが、みなさん、タイでイラつくことってありますよね。
私はもうすぐ赴任して2年が経過しようとしていますが、未だにタイならではのイラつくことがあるので、まとめてみました。

広告

  1. 電車の扉付近の人が一旦降りない。
  2. 降りてもドアの真正面でまつ。
  3. エスカレーターのどちら側かは、歩くか止まるかがはっきりしていない。
  4. ショッピングモールのエスカレーターの配置がクソ。
  5. タクシー乗車拒否。
  6. メーターまわさないタクシー。
  7. バイタクの料金が運転手によってバラバラ。
  8. 電車の改札少なすぎ。
  9. 電車の改札の反応遅い。
  10. エレベーターの閉じるボタンは、押さない。自然に閉じるのを待つ。
  11. エレベーターや電車は、出る人を待たずに入る。
  12. 順番守ることに価値がない。
  13. 地下鉄の意味のないセキュリティチェック。
  14. しつこいオカマの客引き。
  15. 「オニイサン、ドーゾー」。
  16. 歩道走るバイク。
  17. 渋滞。
  18. 基本的に車内臭いタクシー。
  19. 無駄に改造にして乗り心地悪いだけのタクシー。
  20. エアコンききすぎの電車(BTS)
  21. BTSでたらメガネくもる。
  22. エアコンの室外機から出てくる水滴が、顔直撃。
  23. 人通り多いのに露店出してる歩道。
  24. 露店の焼き鳥屋の、換気扇。
  25. その換気扇の煙、顔直撃。
  26. なんの前触れもなく止まる水道、電気。

いかがでしたでしょうか。
みなさんもイラつくことありましたか。

生まれた国ではない異国で、これまで常識と思っていたことが常識ではないことは日常茶飯事ですが、受入らることと、受け入れられない(イライラする)ことがあります。
また、最初はカルチャーショック的にビックリするだけのことだった事が、慣れてくると次第にイライラと感じるようになってしまうこともあります。

イライラすることは、少ない方が住みやすいのでしょうが、イライラすること、わずらわしく思ってることは、視点を変えるとビジネスチャンスなのかもしれません。

これからもイライラすることを書きとどめていこうかと思います(笑)


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

“未だにタイでイラつくこと26選” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です