【感動】チェンマイのイーペン祭り「塔の上のラプンツェル」の1シーンのような世界!

タイ国内の旅 , , ,

コムローイ2
「塔の上のラプンツェル」の1シーンのようでキレイな光景で話題の、イーペン・サンサーイ(イーペン祭り)に行ってきました。
昨年に引き続き2回目でしたが、何回見てもとても感動しました!

広告

イーペン祭りの様子

まずは、イーペン祭りの一番の見所である、ランタンを空に放っているときの、幻想的な光景をご覧ください。
コムローイ3
コムローイ2
コムローイ7
コムローイ6
コムローイ5
コムローイ1
コムローイ天の川

ランタンを空に放つまで

ランタンを放つのが19時すぎからですが、会場は14時すぎから混み合います。
このように場所取りが始まっています。(15時頃)
コムローイ場所取り2
早めに会場に到着し、露店で食べ物や飲み物を買ってきて、待っているのがいいです。
コムローイ場所取り
ランタンは、会場で1つ100バーツで売っているので、会場までの露店で買う必要はありません。
コムローイ ランタン売り場
また、会場内へは、ランタン持ち込みが不可!注意が必要です。
ランタン持ち込みNG
特に女性は注意が必要ですが、丈の短いスカートなどはNGとなります。
NGの場合、100〜150バーツで布が売っているので巻いていくように案内されます。
イーペン祭り 服装
インターナショナルのイーペン祭りとは異なり、イスが用意されていませんので、敷物を持参されることをオススメします。
会場にも敷物は50バーツで売っていましたが、小さくてしんどいです。16時ごろを過ぎると、このように非常に混み合います。
イーペン祭り会場

会場までの行き方

会場は、チェンマイ市街より30キロほど離れた、メージョー大学になります。
今回、私はソンテウをチャーターしました。往復で一人500バーツでした。
チェンマイ ソンテウ
行きは、早めに行けば渋滞しなかったのですが、帰りはとても渋滞しますし、帰りの足を確保するのも一苦労です。
イーペン祭り 帰り

おわりに

今回、参加したイーペン・サンサーイは元々、地元の方向けのお祭りで、寄付(タンブン)としておおよそ一人500バーツ。
外国人観光客向けのイーペン・ランナー・インターナショナルは、参加費として$100(約3300バーツ)必要となります。

2013年はインターナショナルの方に参加し、2014年はイーペン・サンサーイに参加しました。
イーペン・サンサーイでも、インターナショナルと変わらず、英語・日本語・中国語での多言語アナウンスもありますし、会場も同じなので、インターナショナルよりはお得感はあります。

塔の上のラプンツェルの1シーンのようで、誰もが感動する光景は、是非見に行く価値があります。
写真よりも数万倍キレイで感動します!


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です