小籠包がおいしい!ディンタイフォン・バンコク店に行ってみた。

タイのグルメ , , , ,

ディンタイフォン バンコク
最近のバンコクは有名な日本食レストランも続々と進出してきており、バンコクは東京24区なんて言われるほど海外の壁は徐々に薄くなってきていると言われています。
日本食に限らず世界の食が手軽に食べられるようになってきており、台湾に本店がある、小龍包で有名なディンタイフォンに行ってみました。

広告

ディンタイフォンでは小籠包を店頭でひとつづつ手作りしています。厨房はガラス張りで見えるようになっています。
ディンタイフォン バンコク
小龍包はアツアツのできたてが来るので、メガネかけていたら、物凄くクモリます(笑)
ディンタイフォン バンコク
箸でつまむと、スープでぷるぷるして、おいしそうです(笑)
ディンタイフォン バンコク
猫舌なのでレンゲにのせてスープだけ先に味わいます。
熱々のスープがあふれ出てきます。
おいしくて一人で10個たいらげてしまいました。
ディンタイフォン バンコク
10個で210バーツ
6個で160バーツ
ディンタイフォン バンコク
サイドメニューもいくつかオーダーしました。
特製ソースの汁なし麺(140バーツ)
ディンタイフォン バンコク
香港カイランの炒めもの(215バーツ)
ディンタイフォン バンコク
スイカジュースは氷もスイカジュースを凍らせたもので、最後までおいしいです。
(110バーツ)
ディンタイフォン バンコク
お店はセントラルワールドの7階にあり、いつも行列ができています。
ディンタイフォン バンコク
席は見えないところにも多くあり、予想していた待ち時間より短かいので、行列を敬遠する必要はないです。順番待ちしている間に、先にオーダーを書いておくので、料理も割りとすぐに出来てきます。
ディンタイフォン バンコク
台湾の本店には行ったことないのですが、本店と変わらない味を提供することを謳い文句としているらしく、今度台湾に行く機会があったら確かめようかと思います。

ディンタイフォン(Din Tai Fung)
セントラルワールド7階
営業時間 11:00-22:00

地図


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です