タイのタクシーに乗ったら募金を募っていたが、いまいち趣旨に賛同できなかった件

タイの生活 , ,

タイ タクシーで募金
先日、バンコクでタクシーに乗った時、募金箱が設置されているタクシーでした。
メーターを回さなかったり、ぼったくることが少なくないバンコクのタクシーですが、募金を募っているとは、なんとも矛盾しているように感じました。

広告

タイ タクシーで募金
なんのための募金なのかというと、なにやら「家畜だった牛を殺されないために、飼うため」らしいです。
(タイ語読めないので翻訳してもらいました)

ペットとして飼われていた動物が捨てられてしまい、殺処分から救うためなら、日本でもよくある事だと思いますが、元々家畜として我々人間のために飼われていた動物を、飼うために募金?深い経緯はわからなかったのが残念ですが、募金はしませんでした。

タイでは牛をはじめ、大きな動物を食べることは良くないこととされていて、そのため牛を食べないタイ人は少なくないです。
そのようなこともあり、家畜の牛を救おうといったことなのかもしれません。

いずれにせよ、ぼったくり・乗車拒否・遠回りなど、イメージが良くなるわけがないタイのタクシーでしたが、たまには(たぶん)善意のあるドライバーもいるもんだと思うと、ちょっとイメージがよくなりました。

(運転中、工事による渋滞でずーっとブツブツ文句言ってましたがw)


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です