日本で使えるポケットWiFi【Fuji WiFi】を日本で使ってみた (ノーマルプラン)

オススメ体験談 , , ,

Fujiwifi3
駐在員にとって、悩みの一つであるのが日本に一時帰国する際の通信手段。
今回は、日本で使えるポケットWiFiのFujiWiFiを実際に使ってきてみました。

広告

2015年1月当時の記事ですので、情報が古くなっています。ご注意ください。

なぜポケットWiFiを選ぶのか

最近では、バンコクでも日本で使うためのSIMカードが販売されていますが、ポケットWiFiは未だにニーズがあるようです。

SIMカードの場合は、基本的にSIMカードを入れた端末のみの利用しかできませんが、ポケットWiFiの場合は、複数台の端末で1つのデータ通信回線を共有することができます。

出張で日本へ一時帰国されるビジネスマンにとって、出先でPCとスマホを利用されるケースが多いと思われます。
この場合、SIMカードよりも、WiFiポケットのほうが良いでしょう。

また、最近では、日本へ旅行へ行くタイ人グループで利用されるケースもあり、複数人でWiFiポケットを共有するといったニーズにも合致しているのがポケットWiFiです。

ポケットWiFiを選ぶメリット

  1. 複数台で1つの回線を共有できる
  2. SIMカードの入れ替えが必要ない
  3. 端末のSIMロックの問題が関係ない
  4. 端末側の設定不要
  5. 日本に着いたらポケットWiFiの電源を入れて、パスワードを入力するだけで利用可

今回は、最も安いクラスのFuji WiFiを実際に日本で使ってきてみました。

Fuji WiFiの特徴

受取・返却が楽チン!

Fujiwifi1
Fuji WiFiは、ポケットWiFiをタイ国内で受け取れます。BTS沿線スワンナプーム空港、その他近辺であればデリバリーもしてくれます。

日本に着いてからデータ通信手段を確保しなくてよいので、安心して日本行きの飛行機に乗れます。
私はオフィスがBTS駅に近かったので、オフィスにデリバリーして頂きました。

制限なし!

Technology 512210 640
タイで販売されている日本で使えるSIMカードは、1日の通信容量などが制限されているものがありますが、Fuji WiFiは、そのような制限がなく、何メガでも何ギガでも無制限で通信することができます。

複数台で共有することもできるので、通信しすぎて、あんたのせいで通信容量がオーバーした!などといったケンカになりません(笑)

日本人スタッフのサポート

Phone 424228 640
日本人による運営体制が整っているため、オーダーから受け渡し・返却、その他問い合わせは日本人が窓口となっているので安心です。

日本からIP電話による対応も可能なので、万が一WiFiが繋がらなくなった場合も対応してくれます。

出発前日と帰着翌日は無料

123416712 624
ポケットWiFiを受け取ってから、タイ出国の前日の利用料は発生しないので安心です。
返却時も、タイ到着翌日までの利用料は余計にかかることはありません。

ノーマルプランの特徴

Tree 200795 640
今回利用したプランは、ノーマルプラン
1日120バーツから利用できます。8日目以降は、1日60バーツとなります。

通信速度は早くないですが、早さを特に求められないのであれば、とてもリーズナブルに日本でのデータ通信を利用できます。

スマホもしくはタブレットでの利用のみならば、ノーマルプランで大丈夫ですが、パソコンでの利用をされる場合は、一度の通信容量が大きくなりがちなので、通信速度が遅くなってしまいます。
パソコンでの利用される場合は、ノーマルプランではなく、ハイスピードプランをおすすめします。

モバイルバッテリーもあると安心

Images
ポケットWiFiの弱点といえば、バッテリーの問題。
スマホなどの利用端末とは別に電源が必要となるため、ポケットWiFiの電池がなくなっては、使えなくなってしまいます。

Fuji WiFiでは、1日50バーツのあんしん保障パックに加入すると、モバイルバッテリーのレンタルもできます。
ポケットWiFiをなくしたり、壊してしまったとしても弁償代金がかかりません。

私も1日外に出ていると、早い時はお昼ごろにポケットWiFiの電池がなくなってしまっていたので、モバイルバッテリーの携帯は必須でしょう。

2015年1月当時の記事ですので、情報が古くなっています。ご注意ください。


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です