MBKのCanonサービスセンターで、無償修理が発表されたS200を修理してもらってきました

タイの生活 , ,

MBK Canon 4
先日、Canonからデジカメの無償修理のメールが届いいたので、MBKにあるCanonサービスセンターへ行って、デジカメを直してもらいました。

広告

Canonから無償修理のお知らせ

Canon S200
Canonのコンパクトデジカメ、Powershot S200をサブカメラとして持っています。
タイで購入したのですが、日本語の言語設定に変更でき、絞りF2.0まで設定できるなど、コンパクトデジカメの割には優れものなので、カバンの中に常備するサブカメラです。

そんなある日、Canonからメールが届きました。(一部抜粋)

┼──────────────────────────────────
 コンパクトデジタルカメラの一部製品の無償点検・修理のご案内
┼──────────────────────────────────
コンパクトデジタルカメラ「IXY 120」「IXY 140」「IXY 630」
「PowerShot SX280 HS」「PowerShot S120」「PowerShot S120 PREMIUM BOX」
「PowerShot S200」の一部の製品におきまして、カメラ側電池接点部の製造上
の不具合により、正常に動作しない場合があることが分かりました。
つきましてはその内容と弊社の対応についてご案内申し上げます。

本製品をご使用のお客さまには、多大なるご迷惑をおかけしますことを
謹んでお詫びいたします。
今後は、お客さまに安心してご使用いただけますよう更なる品質管理の徹底を
してまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【現象】
本製品において、充電したバッテリーを装着しても、カメラ側電池接点部の
製造上の不具合により、お客さまのご使用状況によっては、カメラ使用中に
以下の「電源に関する現象」が発生することがあります。

・“バッテリーを充電してください”というメッセージがすぐに出る
・時々電源が入らない
・ご使用の途中で電源が落ちる

バッテリーがフル充電のときにも関わらず、“バッテリーを充電してください”というメッセージが出ることが、時々あったのでピンときました。

日本CanonのWebサイトに対象のシリアル番号などの詳細な情報が記載されています。
コンパクトデジタルカメラ「IXY 120/ 140/ 630」「PowerShot SX280 HS/ S120/ S200」の無償点検・修理のご案内

MBKのCanonサービスセンターへ

MBK Canon 4
Canonからのメールには海外での対応窓口については、特に明記されていません。
タイには、Canon Thailandがあるので、調べてみたところ、いくつもサービスセンターがありました。
Canon Service Centers(Canon Thailand英語サイト)

本店は平日のみだったため、週末も対応しているMBKのサービスセンターへ行きました。
MBK Canon 3
カメラ本体、バッテリー、充電器、念のため保証書も持って行きました。
受付では、日本で無償対応がされていることは周知されていなかったようで、1週間以内に対応可否について連絡すると告げられました。

保証書とカメラ本体、バッテリーを預けて、Repair Receiptを受け取って、その場は帰宅しました。
MBK Canon 2
日本で無料修理が発表されてるのにタイにも情報が行き届いていないのか?と思いましたが、
数日後、無償で修理が完了した旨の電話連絡が入り、受取に行きました。

ちなみにMBK5階に、今回対応して頂いたCanonサービスセンターがあるのですが、このCanonのショップの裏側にあります。
MBK Canon 5

おわりに

最近では、ミラーレス一眼が流行ってきて、より一層多くの人が、手軽に画質のいい写真を撮ることができるようになりました。
各メーカーの競争も激化し、カメラ自体の性能だけに関しては、どのメーカーも同じぐらいと言ってもいいと思います。

しかし、いざ壊れたから修理に出したい。となると、世界中を網羅している二大メーカー、CanonとNikonが一番いいのではと思わされます。
今回、私はたまたまCanonのコンパクトデジカメだったので、よかったですが、海外在住の場合、多くの国にサポート窓口があることも、購入を考える一つの要素になりますね。

Canon デジタルカメラ PowerShot S200(ブラック) F値2.0 広角24mm 光学5倍ズーム PSS200(BK)

新品価格
¥15,779から
(2015/2/8 18:02時点)


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です