タイとミャンマー国境の町の孤児院「KM42」に行ってきました。ピースボールアクション大会後

タイ国内の旅 , ,

IMG 2335 2
252名のたくさんの子どもたちの笑顔がみれた、ピースボールアクション・トーナメントinメーソット。
その後、大会前からボールを贈っていて、参加もしてくれた孤児院のひとつ「KM42」にお邪魔してきました。

広告

移民・少数民族問題

タイとミャンマーの国境の町メーソット。
メーソットをはじめ、タイには移民や少数民族が50万人はいると言われています。

しかし、そんな彼らの多くは、国籍や戸籍がないためIDカードがなく、働き口が限られています。
働き口が見つかったとしても、高収入を得られるとは限らず、状況をとても困難です。

この問題は、タイをはじめASEAN全体の問題でもあります。
今回、ピースボールアクションがサッカー大会・教室を開催したメーソットには、ターク県内にある約65の移民学習センターに通う、ミャンマーからの移民や少数民族の子どもたちを対象に開催しました。

大会後、参加してくれたチームのひとつで、孤児院の「KM42」にお邪魔してきました。

ターク県の孤児院「KM42」

今回お邪魔した孤児院「KM42」は、なんらかの理由で親と一緒に住めない子どもたちが共同で生活しています。
IMG 2252 2
昔ながらの建物で、みんな川の字になって寝ているそうです。
教室となっているスペースもあり、定期的に勉強を教えてくれる先生もいるそうです。
IMG 2326 2このときは、古いパソコンでみんなでYouTubeを見ていました。
ただ、回線速度は本当に遅そうでした。
それでもみんな夢中のようで、ローディング画面に釘付けです。
IMG 2335 2
写真ではあまりわかりませんが、敷地内はけっこう傾斜があります。
それに粘土質の土なので、雨がふってぬれると滑りやすそうです。
IMG 2245 2
ちょっと古いですが、よく修理が施された遊び場もありました。
IMG 2253 2
子どもたちみんなで描いた壁一面の絵。
自由にのびのびと描いていますね。
IMG 2256 2
この建物の壁には、白い絵の具で子どもたちの手形がペタペタと描かれています。
これやったとき、楽しかっただろうな〜
IMG 2263 2

手作りのサッカーコート

生活スペースより少し離れたところに、サッカーコートがあります。
IMG 2266 2
なんと、このコート、手作りだそうです!
IMG 2277 2
竹で周りを囲ってあります。
IMG 2286 2
ここも微妙に傾斜があり、ボールをおくと、転がっていきます。
それでも子どもたちは、毎日ここに集まってサッカーをするそうです。
IMG 2301 2
過去にピースボールアクションからボールを送った時も、このコートでボールを蹴っていたところです。
10676388 895368040495628 271097516231215494 n

収入源は1年で8万バーツ

サッカーコートに行くまでの途中に、とうもろこし畑がありました。
IMG 2271 2
この畑は、孤児院が借りている畑だそうです。
IMG 2267 2
採れたとうもろこしを売って、孤児院の運営費にあてているそうですが、1年間で8万バーツにしかならないそうです。
さらに、冬は気温4度まで下がるらしく、凍えるそうで毛布なども足りていないそうです。

おわりに

今まで、漠然とタイで仕事させてもらっている、そのことに対し少しでもタイに貢献できれば。との思いでピースボールアクションの活動にお手伝いをしてきましたが、ボールを送った先の現実を自分の目で確かめることができたことは、とても有意義です。
ボク一人では、できることは限られますが、やらなければやらないと同じ。
なにかできることがあるのなら、少しでもやろう。

ピースボールアクションタイランドFacebookページ
https://www.facebook.com/peaceballactionthailand?ref=profile


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です