パタヤのディナーはココ!ビールが超おいしい「Hopf」は外せない!

タイのグルメ ,

IMG 3772 2
パタヤと言えばパタヤビーチ。しかし、パタヤはビーチだけじゃない。
欧米の文化の影響が強いパタヤは、超おいしいクラフトビールが飲める「Hopf」は絶対オススメです。

広告

パタヤで人気クラフトビールのレストラン

もともと、パタヤは米軍の保養地として開発が始まったと言われています。
その後も観光地として欧米で人気となり、今も賑わっています。
パタヤ
そのためか、欧米の影響も色濃く、ステーキハウスやビアバーも多いです。
その中でもクラフトビールがおいしいと人気の「Hopf」があります。
読み方は、おそらく「ホップ」でしょうか。
パタヤ HOPF 1
ビーチロードのソイ13/1の海側に面したところにあります。
パタヤ HOPF 2

行列ができるほどの人気っぷり

19時すぎに行ってみると、順番待ちのお客さんでごった返しています。
パタヤ HOPF 14
とてもたくさんのお客さんで賑わっています。
パタヤ HOPF 15
待っている間、ビールを先行注文して飲むこともできるようです。
パタヤ HOPF 3
席について落ち着いて飲みたかったので、順番待ちしているときは我慢しました。
パタヤ HOPF 4
17組ほど先に他の順番待ちがありましたが、30分ぐらいで席につけました。

クラフトビールが超おいしい!

ようやく席につくことができました。
店内はカラフルな電飾がチカチカしますね。
パタヤ HOPF 6
そしてお待ちかねのクラフトビール!
左がLager。右がwheat。
パタヤ HOPF 11
Lagerはズッシリ苦味が生いていて重厚感があります。
Wheatは、すごくフルーティ飲みやすく、汗をかいてきたカラダに染みこみます。

日本人の間でも、ここのクラフトビールは人気のようで、「タイで一番うまい!」という評判もよく耳にします。
私も、今のところタイで一番おいしいクラフトビールだと思います。
家に、このビールが出る蛇口がほしいくらいです。

グラスのサイズは、一番小さい0.3lが個人的にはオススメです。
あまり早く飲むタイプじゃないので、ビールがぬるくなる前に飲みきっておかわりするのが調度いいかもしれません。
でも、おいしくて結局いつもの倍のペースで飲んでしまうのですが。

ちなみに3リットル飲むと1リットルがサービスです。
大人数で行くとお得ですね。料理一皿の量が多いので、みんなでシェアするといいですね。
パタヤ HOPF 7

フードメニュー

フードメニューは写真のメニューが用意されています。
パタヤ HOPF 16
本当はピザをオーダーしたかったのですが、大人数で行っていなかったので断念。
隣の席のお客さんがオーダーした見た目破壊力が半端じゃない、骨付き肉。マンガにでてきそうです。
ポークナックル320バーツ。
パタヤ HOPF 8
そのままかぶりついてみたかったですが、切り分けるのさえ面倒だったので、、、
パタヤ HOPF 10

結局、

店員さんに頼んで、

切ってもらいました(笑)
パタヤ HOPF 12
野菜も食べないとカラダに悪いのでシーフードサラダを頼みました。
パタヤ HOPF 9
サラダバーもあるのですが、取りに行くのが面倒でした。
正直にいうと、面倒だったのは、ただ単に酔っ払っていたからです。

いやー

でも

(酔っ払ってます)

・・・・

お腹すきますよ。

突然ですが、ハム食べたいですよね、

ハム。

あのお肉の。

ハム。

でもハムの名前って難しいんですよね。
そもそも、富山生まれ富山育ち、昆布ジメで育ったヤツはだいたい友達なボクですから、
ハムに馴染みが無いワケですよ。

(酔っ払ってます)

なので、現物を見てオーダーしに行きました。
サラダバーに行くのが面倒だったのは、なかったことにしてください。

でも、現物を見てもわかるワケないですよね。
昆布ジメで育ってきて、酔っ払ってるワケですし。

結局、名前も覚えてませんが、なんとかプリマかパルマだった気がします。
どこかの国の名前に似ていたので、決めました。

あとから気づきましたが、その国の名前は「パナマ」でした。
ひどい酔っぱらいですね。
パタヤ HOPF 13
でもおいしかったので、結果オーライ。

ただ、量が多すぎました。
オーライじゃないですね。

ほんとは50gでも十分だったところ、なにを狂ったか200gもオーダー。
酔っぱらいは怖いですね。けっこう高かったし。

残った分はお持ち帰りできました。
翌朝の朝食で、豪華なサンドイッチとして美味しく頂きました。
やっぱり、結果オーライ。

地図


電話:038-710-650-5
営業時間は、たぶん午後2時から。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です