ロウソク祭りの期間に特別公開される、タイ東北の伝統的なシルク製作所「バーン・カン・プン」

タイ国内の旅 , , ,

Baan khan pun 6
ウボンラチャタニーのロウソク祭りの期間中、特別公開される「バーン・カン・プン」に行ってきました。
古くからシルクや機織りの文化を受け継いでいてタイの文化を感じられます。

広告

ロウソク祭りの期間の特別公開

タイ東北地方にあるウボンラチャタニー県で、伝統的なシルクやコットンを古くから製作してきたバーン・カン・プン。
ロウソク祭りの期間の3日間のみ、特別公開されます。
Baan khan pun 1
入場料は100バーツ
場内では、機織りの実演もあります。
Baan khan pun 4
昔から使っている木製の道具を今でも使っているそうです。
Baan khan pun 3
子どもたちの舞踊もあり、タイの古き良き文化を受け継いでいます。
Baan khan pun 5
シルクの製作もありました。
Baan khan pun 11
バンコクのジムトンプソンの家でも見たことがありましたが、今から飛び立つためにサナギになってるのに、人間に茹でられて糸としてもってかれるのって、けっこう、あれですね。
Baan khan pun 10
ロウソク祭りの期間でもあるためか、野菜でロウソクの花を作る体験もできました。
Baan khan pun 9
こんな感じで出来ます。
Baan khan pun 8
この他に、美術品が展示されていますが、写真不可でした。
ウボンラチャタニーで繁栄したことがわかる美術品ばかりでした。
Baan khan pun 7

バーン・カン・プンの地図



ウボンラチャタニーでの宿泊は、予約が簡単なアゴダがオススメです。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です