ペチャブリーの寿司屋「勝利寿司」に行ってみたら、ゴジラの股間が光っていた

タイのグルメ ,

バンコク 勝利すし 2
日本食ならなんでも食べられるバンコク。
なんでも食べられると、なんでも食べたくなっちゃうので、良いのか悪いのか。
今回はMRTペチャブリー駅近の寿司屋「勝利寿司」で贅沢してしまいました。

広告

寿司屋「勝利寿司」

アソーク通りに面している、Sukhumvit Living Townの1階に勝利寿司があります。
バンコク 勝利すし 4
店内は割りと新しくキレイです。
バンコク 勝利すし 10
照明は酒の一升瓶。
この発想はなかったな。
バンコク 勝利すし 1
ダルマの目、入ってないけど、願かけてないってことかな・・・?
両目に入れれば商売繁盛になるそうですけど、、、まぁタイだし関係ないかw
バンコク 勝利すし 11
席につくと、お通してきなワサビ豆がでてきます。
お酒頼んでなくても出てきます。
それにけっこうツーンとくるし、空きっ腹には拷問です。
バンコク 勝利すし 6

お寿司を食べてみた

さて、肝心のお寿司を食べていきましょう。
「富山生まれ富山育ち、釣った魚が今日のご飯」だったボクは、魚や寿司のハードルは高いほうです。

しかし、ここはバンコクですし、魚ハードル高いと生きづらいです。
ということで、ハードル低く設定。

全体的に、海外で食べるにしては、美味しいほうだと思います。
それに、高いっちゃ高いですが、富山の寿司と比べるのは土俵が違いすぎます。
(もちろん富山の寿司が一番おいしい)

赤身セット(300バーツ)
冷凍モノなのかな?感がありますが、おいしくいただきました。
バンコク 勝利すし 7
セットB(340バーツ)
日本円に換算すると、約1000円でしょう。それでこのセットならアリですね。
それに普通においしいです。
バンコク 勝利すし 9
サーモンロール(250バーツ)
海外だし、変わり種もいっておきましょう。
このような変わり種は「寿司」としてではなく、「SUSHI」だと思っているので、
「SUSHI」としておいしいです。
バンコク 勝利すし 8
偉そうなこと言ってますが、バカ舌だったらごめんなさい。

光るゴジラの股間

この勝利寿司で驚いたのは、寿司のクオリティーにはあまり期待せずに来たのに、思っていたより寿司のレベルが高かったことと、、、
バンコク 勝利すし 3
ゴジラの股間が光っていたことです。
バンコク 勝利すし 2
お店の名前は「勝利」ですが、
ボクは「敗北」した気がしました。

勝利寿司の詳細情報

営業時間:月〜木 11:00-22:00、金〜日 11:00-23:00
電話:02-169-1532
Facebookページ:https://www.facebook.com/shorisushi
MRTペチャブリー駅2番出口から徒歩5分ほど。
Sukhumvit Living Townの1階。
バンコク 勝利すし 5


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です