日本より進んでる?!BTSの広告はかなり作りこまれているぞ!

タイの生活 , , ,

バンコク BTS 1
BTSのホームに設置された大画面のモニター。さらに安全扉にも画面が設置され、それぞれの画面でCMが流れるのですが、かなり作りこまれている広告でした。

広告

BTSのホームにあるデジタル広告

利用者数の多い駅に設けられた、ホームの扉。
バンコク BTS 4
扉に画面が設置されてCMが流れます。
設置された当初は、ただボケ〜っと再生されるCMを眺めていただけでしたが、よ〜く見るとかなり先進的な広告です。

向かい側のホームにある画面にもCMが流れているのですが、これらの画面が同期していて連動しているのです。
バンコク BTS 広告 同期
向かい側のホームの大画面では、商品などのイメージ映像CMを。
手前の扉にある2つの少画面では、商品などの詳細な情報を流しているのです。
バンコク BTS 広告 セパレート
大画面で、広告を目にした人にイメージを見せつつ、詳細な情報も見せることができるので、CMの時間が倍になるのです。

さらに、電車が来るとき、「電車が来ます。ご注意ください」の旨の映像が一旦流れますが、その後、車両のラッピング広告と、手前の画面が同期するのです。
バンコク BTS 3
BTSの車両は、ほとんどラッピング広告されており、走る広告となっています。
バンコク BTS 1
ボーム向かい側の大画面と同期していた手前の画面2つですが、電車がくると、今度は車両のラッピング広告と同期します。
バンコク BTS 車両と同期
この広告の仕組みを考えた人、すごいな。
電車のホームは多くの人が集まり、割りと時間を持て余す所です。
そこに次々と情報を流せるワケですから、かなり効果的な広告だと思います。

時間は増やすことはできませんが、複数の画面と車両のラッピングがあるので、
効果は【時間×画面×ラッピング】となり得ます。

これ、日本でもやったらいいのに。(もうやってたりするのかな?)


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

“日本より進んでる?!BTSの広告はかなり作りこまれているぞ!” への 1 件のフィードバック

  1. BTSのホームの広告、画期的ですよね!
    年末年始に行った時、見とれてしまいましたよ(^^)
    タイはやっぱ進んでるなぁ…って実感しました。
    ホームドアが透明ってのもすごくいい!
    日本のホームドアは閉塞感ありありで、
    狭い日本、益々狭く感じます(^^;)
    日本は地震も多いしいろんな規制も多いから
    進んでいそうで進まないこといっぱいなのかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です