バンコクで食べられる北海道直送のステーキが激ウマ!ソイ49のPekoで至福のひとときを。

タイのグルメ , ,

バンコク Peko 2
日本は食欲の秋ですね。バンコクは相変わらず灼熱のコンクリートジャングルです。
そんなバンコクでも、北海道の農場から直送の牛肉を使用したステーキが食べられちゃうのです!飯テロです!

広告

コンセプトは農場のガレージ

今回紹介するお店は、「Peko」
スクンビット・ソイ49に、2015年3月にオープンしたお店です。
バンコク peko soi49 13
オーナーのご実家が、北海道の農場で、その農場から直送されてくる食材が頂けるのです。店内のコンセプトは、農場のガレージ。至る所にこだわりを感じますね。
バンコク peko soi49 4
机やイスもぬくもりのある木製で、雰囲気がとても落ち着きます。
バンコク peko soi49 3

カットステーキが悶絶級に激ウマ!

店内の雰囲気も最高に落ち着くのですが、料理も最高に落ち着きます。
カットステーキ120g(750バーツ)は、ちょっとお高いですが、バンコクに来てから長らく感じていなかった、牛肉のおいしさにつつみこまれます。
バンコク peko soi49 6
焼き具合はミディアムでお願いしました。
この画像だけで、学生のころはご飯3杯はいけましたね。
今はこの画像だけでワイン3杯はいけ・・・ませんが、この文章を書いているときに、
自爆飯テロしてます。
バンコク peko soi49 7
カットステーキは日替わりだそうです。この日はサーロインでした。
今回は食べてないのですが、ローストビーフも日替わりだそうです。

追記
ローストビーフ頂きました!
バンコク Peko 1
ものすごく美味しい!ついでにもう一度、カットステーキを食べましたが、前回は普通のお皿でしたが、あっつあつの鉄板に変更されていました。
バンコク Peko 2
味は変わらず最高です!むしろ鉄板になったので、よりおいしく感じます。

ビーフジャーキーも頂きました。今まで生きてきたなかで一番おいしいジャーキーです。ビールと最高のコンビです。
バンコク Peko 4

ところで、この止まらないヨダレをどうしたらいいんでしょうか。
バンコク peko soi49 2
追い打ちをかけるようですが、次に注文してみたのが、
ポットパイ ポーク(250バーツ)。
バンコク peko soi49 8
パイをわる瞬間は、興奮しますね。
バンコク peko soi49 9
このチーズがたまらないですね。
バンコク peko soi49 10
シメにケーキ&コーヒー(150バーツ)を。
濃厚なチーズケーキ(?)でした。コーヒーはラオスの豆を使用しているそうです。
バンコク peko soi49 12

Pekoの詳細情報

営業時間:ランチ11:30-14:00, ディナー17:30-22:00
定休日:月曜
電話:083-542-3199
Facebookページ:https://www.facebook.com/pekokitchen

BTSトンロー駅から徒歩で約7分。
ソイ49に入って100m左手。


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です