キンジェー(菜食週間)にトライしてみたけど、1日で挫折して体調まで崩した話

タイの生活 , ,

キンジェー
タイでは今、菜食週間(キンジェー)のまっただ中。
2015年は10月13日〜21日の9日間になります。
ボクも挑戦してみたのですが、1日で挫折して、おまけに体調まで崩しました。

広告

キンジェー(菜食週間)ってなに?

タイでは、華僑の人が多く、中国の文化も入り混じっています。
キンジェーも元は中国が発祥で、菜食をすることで体を健康に保てるということで、華僑ではないタイ人でも取り入れている人もいます。

キンジェーの期間中は、動物由来の食べ物と、香りや刺激が強い食べ物はNG。
牛肉、豚肉、鶏肉、卵、魚、
さらに、ナンプラーや、パクチー、唐辛子もNG。

何食べるん?

あの肉類を食べない小藪一豊さんだって、
マクドナルドいったらフィレオフィッシュあるやん。

って言いますが、キンジェーは魚もダメ。
フィレオフィッシュすらNG。

何食べるん?マジで。

ところが、キンジェーの期間になると、これまで普通の屋台だったところが、
キンジェーバージョンになります。
肉まんのように見えて、肉じゃないまんが売られていました。

キンジェーやってみた

2015年は10月13日からですが、熱心にキンジェーをされる方は、前日からするそうです。
キンジェー期間がスタートする時点から、体内に肉類などから出しきっておくそうです。

ボクも見習って前日からトライしてみました。
それに、肉まんじゃないまんが、案外不味くはなさそうだったのです。

IMG 3677
が、しかし


予想はしていたけど、見事に肉じゃない。
あまいシイタケでした。

肉まんじゃないまんが、ハズレだった時の保険として、もう1品買ってみましたが、


なんなんだよ、唐辛子もダメなはずじゃないのかよ!
なんで辛いんだよ!

(あとで分かりましたが、唐辛子の辛さではないそうです。)

ということで、1日目にして、お肉食べたくなりました。

それだけならまだしも、体調が悪化。

のども痛くなり、翌日は黄色い痰がでて熱も出る始末

ということで、一食にしてキンジェー、ギブアップ


普通にお肉食べると、体調が戻りました(笑)


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です