タイ国王誕生日を記念したサイクリングイベントBike for Dad(バイクフォーダッド)の様子

タイの生活 ,

バイクフォーダッド10
2015年12月11日、タイ国王の誕生日を記念してサイクリングイベント「Bike for Dad(バイクフォーダッド)」が開催されました。
バンコクの主要道路を封鎖して行われ10万人のチャリダーが走りました。

広告

職場がシーロムなので、朝の通勤時から、バイクフォーダッドの準備を見ることができました。
バイクフォーダッド1
一般の通行人にもお水とお菓子を配っていましたけど、なんだかこのゆるさは好きです。

道路脇には標識やフラッグがかかげられています。
バイクフォーダッド2
お水も大量に用意されています。
なにせ、10万人のチャリダー+通行人ですからね。
バイクフォーダッド3
シーロム通りを通るのは17時ごろでした。
その前に道路を封鎖する準備をしていたのですが、お昼時のタニヤ通りはいつもより人が少なめ。
バイクフォーダッド5
この日は、平日でしたが、政府から企業へ、参加者に配慮するようにとの要請があったとか。
クローズしている商店もたくさんありました。

お昼がすぎる頃にはタニヤ通りも通行止めに。
バイクフォーダッド6
シーロム通りも通行止めになりました。
バイクフォーダッド7
16時ごろには、がらんとしたシーロム通り。
でもよく見ると、歩道には見物の人たちがびっしりと。
バイクフォーダッド8
そして、ようやく参加者の自転車グループがやってきました。
タイの皇太子が先頭をきって、走っていかれました。
その際、BTSが一時運行が停止、スカイウォークを始め、道路より高い位置も通行止めになりました。

写真は、一般参加者が通過したときなので、BTSが運行再開しています。
バイクフォーダッド9
続々と通過していく参加チャリダー。

沿道に降りてみましたが、皆さんテンション高い・・・
バイクフォーダッド10
手をふるチャリダー。
チャリダーとハイタッチする沿道の人たち。

スカイウォークから見てもすごい混みよう。
バイクフォーダッド12
「有名人が走ってくるの?」そんなぐらい走ってくるチャリダーに興奮している沿道の人たち。
バイクフォーダッド13
これがしばらく続きました。
自転車業界に経済効果があったに違いない勢いですね。

タイ日友好橋がかかっているラマ4通りとシーロム通りの交差点も、
歩行者とチャリダー天国。
バイクフォーダッド15
その後の見物客などで、BTSサラデーン駅やMRTシーロム駅は大混雑。
バイクフォーダッド14
さて、来年も開催されるのでしょうか。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です