バンコクのiStudioでiMac Retina 21.5inch(2015)を注文して、無事に届いたので簡単にレビュー!

ブログ・ITハック , ,

Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー10
ついに、タイで注文していたiMac Retina 21.5inch(2015)が届きました。
使用して1週間が経過したので、開封の儀から簡単にレビューしてみます。

広告

iStudioで、フライング開封の儀

さて、前回の注文した件から、ついにiMacが届いたとの連絡がありました。
注文していたiStudioへ、受け取りに行きます。

注文時に20%を払っていたので、残りの80%を払い、受け取り・・・・

IStudio 開封の儀 iMac2015retina 1
フライング開封の儀が始まります。
ちょ、、、こんなはずでは。
IStudio 開封の儀 iMac2015retina 2
ぃや、そこは自分で、した・・い・・・
IStudio 開封の儀 iMac2015retina 3
そこは、自宅で粛々と、ニヤニヤしながらやりた・・・い・・・
IStudio 開封の儀 iMac2015retina 4
でも、ま、その場でのチェックは大事ですよね。
万が一、スペックがちがってたり、故障してたら、また来ないと行けないし。
IStudio 開封の儀 iMac2015retina 5
キーボードはフィルムかぶせたまま、最初のセットアップ。
せっかくのMagic Keyboardが、ペシャペシャいって、第一印象が若干残念なことに。
IStudio 開封の儀 iMac2015retina 6
しかし、無事にスペック確認できて、不具合もないことが確認できたので結果オーライ。
外箱のダンボールも持ち帰りたいとリクエストしたら、丁寧に取手が出るように、切ってくれました。
IStudio 開封の儀 iMac2015retina 7
さらに丁寧にテープも貼ってくれて、持ち帰りやすくしてくれました。
IStudio 開封の儀 iMac2015retina 9
でも、10キロほどあったので、重くて仕方ない。

1週間使ってみてレビュー

さて、自宅に帰ってきて、開封の儀(パート2)を。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー1
2015年11月29日に届いたとの連絡がきたのですが、
外箱のラベルには「2015/11/18」と重さ9.57kgの表記が。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー2
シンガポールから送られるとのことだったので、この日付はシンガポールを出た日付でしょうか?
それともパッキングした日?どちらにしても18日から29日までの間、どこにあったのでしょう?
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー3
キーボードとマウスをまず取り出します。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー4
このピロピロが好き。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー5
本体を取り出します。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー6
鋭利です。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー7

Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー8
内容物は、これらと、不要なクリーニングクロスとアップルのシールと簡単な説明書。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー9
そして起動(2回目)
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー10
Magic KeyboardはUSキーボードに変更。
今までJISキーボードだったので、慣れるまで時間が掛かりそう。
でもアルファベットプリントのみにしたので、いい感じ。打感もなかなか快適。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー11
Magic Trackpad2を追加。
感圧タッチがすごく使いやすい。もうこれを使い始めたら、旧式にはもどれない。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー12
Magic Mouse2は、イマイチ。
おそらく、この先慣れれば使えるんだと思うけど、Magic Trackpad2が使いやすすぎて、あんまり出番がなさそう。
Imac 2015 retine 21 5inch 開封の儀 レビュー13
最後に、高精細なRetinaディスプレイが、すごい「見える」ことが一番買ってよかったポイント。
過去に撮った写真を見てみると、ノイズがきっちり見えるし、人混みの人の顔がちゃんと見える。

今までにストックフォトに寄稿して、却下された写真を見返してみると、
「こりゃ却下されるわい」ってなる。

1週間つかってみて、iMacの欠点といえば停電になったら即終了になること。
これまでMacBookAirを使っていて、タイではありがちな急な停電でもバッテリー内蔵なので問題なかったことは、けっこう有りがたかったりする。

それにしても、Retinaディスプレイがいい。
MacBookAirの非Retineの13inchから、
Retinaの21.5inchへ大画面化して、スペースも解像度も格段にアップしたので、写真の補正やブログの作業も凄く捗る。

そして、こうやってりんご沼にズブズブと・・・


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です