JJモールでコーヒー豆の手挽きミル(グラインダー)を買ってみたのでレビュー!

タイの生活 , , ,

バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー1
コーヒーにこだわり、ありますか?
今までコーヒーはインスタントで十分っす!なボクでしたが、徐々に味の違いが分かるようになり、コーヒーにはまりつつあります。先日JJモールでコーヒー豆とあわせて手挽きミルを購入したので、レビューをしてみます。

広告

JJモールで手挽きミルを購入

先日、JJモールでコーヒー豆とあわせて手挽きミルを購入。
バンコクで自宅コーヒーを極めたいならJJモールに行くとコーヒー豆や器具を揃えられるぞ!

JJモールの半地下階にある、Smartというお店です。
Jjmall smart

手挽きミル開封の儀、そしてちょっと改良

さっそく開封してみると、内容物はこれだけ。
シンプルがベスト。手動なので電動よりは故障リスクが少ないのもイイ。
この機種は台湾製で、890バーツでした。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー2
本体の他には、ビニール製のフタ、ハンドル、ハンドル固定のネジが同封。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー3
組み立てて行きます。
ハンドルを入れて、、、
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー4
固定のネジをつけて、完了。
あとはコーヒー豆を投入してゴリゴリするのみ。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー5
しかし、そのまえに挽き具合を調整できるので、確認しておきましょう。
ハンドルをつけるまえに、ストッパーがはずれるようになっているので、はずします。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー6
ギザギザした調整ネジが回るようになります。
右回りに閉めるように回すと、細挽きに。
左回りに開けるように回すと、粗挽きに調整できます。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー7
シャフトを上に持ち上げると、調整ネジと本体の間に隙間ができるのですが、その間が1〜2mmぐらいが実用範囲。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー8
でも、この隙間の1〜2mmなんて覚えてらんないわけですよ!
ネジ山で錯覚して正確な隙間をよめません。それに調整ネジを半回転させただけでも挽き具合が変わるので、目視だけで間隔を覚えることは不可能です。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー9
そこで調整ネジの凹みにマークします。
マークをつけることで、閉めきったところから、何回転したか数えられるので、それによっていつでも挽き具合を変えても一定レベルを保てます。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー10

コーヒー豆を挽いてみる

手挽きミルだけに、挽いてミル。

さて、今回はフレンチプレスでコーヒーを淹れてみるので、粗挽きでコーヒー豆をひきます。
この機種の場合、調整ネジを閉めたところから1回転と1/5回転で粗挽きになります。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー11
コーヒー豆を計量してセットします。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー12
付属していたビニール製のフタをしないと、挽いている途中の豆が飛び出してきます。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー13
挽いている最中からコーヒーのいい香りが漂ってきます。
一度に挽ける量は18g程度。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー14
さっそくですが、フレンチプレスで飲んでみます。
(フレンチプレスのポットは、ロビンソンのセールで99バーツでゲット)
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー16
お湯を入れたときも、またいい香りがファっとたちこめます。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー15
コーヒーカップにつぐと、フレンチプレスなので、コーヒーオイルも抽出されています。
バンコク 手挽きミル グラインダー コーヒー17
手挽きミルで、挽きたて淹れたてのコーヒーが自宅で飲めるようになりました。

手挽きミルが890バーツ、フレンチプレスのポットが99バーツ。
およそ1000バーツでコーヒーライフが一層充実したものになりました。

朝は挽きたてコーヒーでシャキッと!

余談ですが、朝の貴重な時間帯に、コーヒー豆を挽くのはちょっと忙しいですが、粗挽きだと細挽きより若干早く挽けます。

最近の朝のルーティンは、歯を磨く前もしくはシャワーをあびる前に、
電気ケトルでお湯を沸かす(10秒)
コーヒー豆を粗挽きで挽く(40秒)
フレンチプレスのポットに挽いた豆をセットしてお湯を注ぐ(30秒)
着替え。
フレンチプレスのプランジャーを押し込む。(10秒)
コーヒーをタンブラーに入れて出発。

コーヒーのための時間は、合計でおよそ1分30秒。
ボクの愛用タンブラーは、フレンチプレスができるタイプなので、プランジャーを押し込んでそのまま持ち出せる優れもの。

1分30秒かければ、朝からシャキッとして、会社でも香りのいいコーヒーが飲めて仕事もはかどりそうです。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です