プーケットの歴史を感じるレストラン「Raya」

タイのグルメ ,

Phuket raya restrant 8
年末年始いかがお過ごしですか?
ボクはプーケットに居ました。レトロな雰囲気のレストラン「Raya」を見つけたので紹介します。

広告

外観はシックな感じで建物もいい感じに年季が入っています。
Phuket raya restrant 12

レトロな雰囲気が漂う店内

店内は窓が開け放たれていて、心地良い風が通りすぎていきます。
レトロなタイル張りの床、使い込まれた机とイス。
Phuket raya restrant 1
壁には古い王様の写真などが飾られていました。
Phuket raya restrant 2
プミポン国王が若い頃の写真もありました。
Phuket raya restrant 6
この写真は昔のプーケットでしょうか。
Phuket raya restrant 3
レトロな昔のポスターもいい味だしています。
Phuket raya restrant 4
日本の昭和時代に似た懐かしさを感じます。
Phuket raya restrant 5
配電盤が歴史を物語っています。
Phuket raya restrant 7

今回のフードメニュー

ムー・ホーン(豚の角煮)
八角と黒コショウで味付けされていて、どこか中華風でトロトロな豚の角煮です。
Phuket raya restrant 8
プラムック・パッ・カイケム
イカと塩漬け卵の炒めモノ。
Phuket raya restrant 9
トー・マン・グン
エビのすり身揚げ。ソースは梅シロップみたいなソース。
Phuket raya restrant 10
デザートに若いマンゴーがでてきました。
Phuket raya restrant 11
ムー・ホーンがトロトロでおいしかったですし、いつも食べているバンコクの味付けとちょっと違っていたので、異国文化と混じりあっているプーケットの歴史も感じることができました。

Rayaについて

営業時間:10:00~22:00
電話:076-218155
住所:48 Dibuk Road, Phuket Town, Phuket


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です