バンコクのスタバではタンブラー持ち込みで10バーツ割引!日本より若干お得?

タイのおすすめカフェ , , ,

バンコク スターバックス タンブラー持ち込み割引2
バンコクの繁華街では、たくさんスターバックスがあります。ショッピングモールには必ず店舗があるぐらいの勢いです。
日本では自分のタンブラーを持込みの場合20円引きですが、タイのスターバックスでも割引してもらえます。

広告

毎朝、自宅でコーヒーを淹れて、タンブラーに入れてオフィスに持って行っているのですが、夕方になると飲みきってしまいます。
夕方からもうひと踏ん張りしたいとき、オフィスビルの1階にスターバックスがあるので、空になったタンブラーを持ってスターバックスに行きます。
バンコク スターバックス タンブラー持ち込み割引3
日本では、タンブラー持込で20円割引です。
タイの場合、10バーツ割引
2015年12月のバーツ/円のレート換算で、33円の割引となり、日本より13円お得です。

ちなみにスターバックスのドリンクサイズは4つあります。

  • ショート
  • 8oz.(約240ml)

  • トール
  • 12oz.(約350ml)

  • グランデ
  • 16oz.(約470ml)

  • ベンティ
  • 20oz.(約590ml)

タンブラーはスターバックス社外品でも割引が適応されます。
ボクの、このタンブラーは社外品ですが、割引がもらえました。
バンコク スターバックス タンブラー持ち込み割引2
このタンブラーは590ml入るベンティサイズですが、必ずしもタンブラーのサイズ通りにオーダーする必要はありません
実際に、今回はベンティサイズのタンブラーに、ショートサイズのアメリカーノを入れてもらいました。
バンコク スターバックス タンブラー持ち込み割引1
アメリカーノ(ショート)が80バーツのところ、
パーソナルカップ(タンブラー持込)で10バーツ割引のため、
70バーツ(VAT込)となりました。日本円換算で約230円。(バーツ/円レート3.3で計算)

日本のスターバックスで同じオーダーをしたら、
アメリカーノ(ショート)が300円
タンブラー持込で20円割引になり、
280円(税別)となります。バーツ換算で約81バーツ。(円/バーツレート0.29で計算)

あれ、、、今までタイのスターバックスの方が日本より高い勝手なイメージを持っていましたが、タイの方が若干ですが安いですね。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です