ASEANで働くことを身近に!チュラ大の留学からバンコクでインターン中の、アセナビ副編集長の永瀬さんにインタビュー!

インタビュー ,

アセナビ 副編集長 永瀬さん インタビュー タイ バンコク 働く インターン アイキャッチ
”ASEANで働く”を近くするWebマガジン「アセナビ」をご存知ですか?
アセナビ副編集長、永瀬 晴香さんが、僕にインタビューしてくれたのですが、せっかくなので、タイに来たきっかけや将来像について、逆インタビューしました!

広告

こんにちは。最近、タイ人彼女にプロポーズして結婚することが決まったのですが、国際結婚の手続きがたくさんあって、ちょっと大変な場面のカナオです。
インタビュー タイ バンコク 働く インターン
さて、今回は、そんなプロポーズしたときのことを記事にしたら、その記事がきっかけでインタビューをうけることになりました。

インタビューの依頼主は、”ASEANで働く”を近くするWebマガジン「アセナビ」の副編集長、永瀬 晴香さんです。

アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコン今日はよろしくお願いします。
インタビューといっても、あまりカタい感じではなく、タイ人の方とご結婚された話や、駐在員としてタイで働くことなどのお話を聞かせて頂けると嬉しいです!



Hiroshi kanao interview iconこちらこそ、よろしくお願いします。
僕から、インタビュー記事になるようなネタが出てくるとは不安しかありませんが、絞り出してみます(笑)
せっかくなので、僕も永瀬さんに逆インタビューしてみますね(笑)

アセナビって何ですか?

「副編集長」の肩書をもつ永瀬さん。僕がバンコクに住み始めてから、どこかでチラっと見かけたことのある「アセナビ」。
改めてアセナビとは一体なんなのか聞いてみた。
アセナビ 副編集長 永瀬さん インタビュー タイ バンコク 働く インターン 3
Hiroshi kanao interview iconさっそくですが、「アセナビ」とはどんなものなのか改めて教えてください。


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコン”ASEANで働く”を近くするWebマガジンです。
今年でほぼ3年を迎えます。
その当時は、海外に出る学生が少なく、情報も少なかったそうです。


Hiroshi kanao interview icon確かに、3年前といえば僕がタイに赴任した時ですが、情報が少なかったし、あっても数年前のものだったり、分かりくかったりしていたなぁ。
永瀬さんはいつからアセナビの副編集長をしているんですか?


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコン2015年4月から、Webマガジン「アセナビ」の副編集長をしています。
今アセナビでは、新卒で海外で働いている「新卒海外」の特集をしたりしています。
副編集長になってから、バンコクのチュラロンコン大学に留学していたりしたのですが、その間にもアセナビの取材もしていました。

タイに来るキッカケは?

チュラロンコン大学に留学していたそうですが、最初にタイに来たキッカケを聞いてみた。
アセナビ 副編集長 永瀬さん インタビュー タイ バンコク 働く インターン 5
Hiroshi kanao interview icon最初にタイに来たキッカケや動機はなんでしたか?


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコン留学する前は、海外旅行行ったりして、海外に観光で短期滞在していたのですが、その国のことをもっと知りたい!と思い長期滞在できる留学することを決めました。


Hiroshi kanao interview iconタイのチュラロンコン大学に留学を決意した決め手はなんですか?


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコン実は、タイが第1希望ではなかったんです(笑)
本当はシンガポールの大学に留学したくて、第1希望から第3希望までシンガポールにしたのですが、結果的に第4希望のタイに決まりまりました。

2015年8月〜12月にチュラロンコン大学に留学していましたが、タイからアジア諸国へ行きやすいし、シンガポールより物価が安いので結果オーライでした(笑)

留学期間中に、バンコクで働いている方とお会いしたりしていたのですが、その時のご縁で、2016年2月から半年間、バンコクの人材紹介会社でインターンすることになりました。


Hiroshi kanao interview icon(僕の大学時代と比べものにならないくらいアグレッシブだな。。。)

インターン後、将来はどうなりたい?

日本に限らず、世界でも活躍できる可能性を存分に高めている永瀬さんですが、将来どうなりたいか聞いてみた。

Hiroshi kanao interview iconタイに留学、そしてこれからインターンで海外経験を積まれますが、日本に帰ってから、もしくは海外で、どのような仕事をしていきたいですか?


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコンまだ全然決めてないです(笑)
留学〜インターンと、タイに関わってきているので、漠然とタイと関わる仕事はしたいとは思ってます。



Hiroshi kanao interview iconなにか専攻とか得意なスキルはある?


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコンちょっとコンプレックスを持っていることなのですが、専門分野を持っていないんですよ。
大学では文系で、なんでもできるんですが、逆に特化しずらい面もあったり。だから理系がうらやましい面があるんですよね。
そんな想いもあって、バンコクでのインターンや、タイを中心にASEANを飛び回りたいです。


Hiroshi kanao interview icon僕、一応理系出身だけど、バイクばっかり乗ってたな(笑)
海外に出てみよう!って実際に出ている時点で大きな一歩だと思うな。

僕は学生時代に海外に出てないけど、バイクで日本一周してて、その時に出会った仲間や、経験がなかったら、バンコクで働いたりしてないかな。

これからのアセナビで発信していきたいことは?

今回、アセナビの海外で働く人の特集のため、僕がインタビューされることになったのですが、これからアセナビで発信していきたいことを聞いてみた。
アセナビ 副編集長 永瀬さん インタビュー タイ バンコク 働く インターン 1
Hiroshi kanao interview icon留学とかインターンしようと思ったら、どんなことが知りたかったですか?


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコン今回タイに来たのは、留学以来で初めてではないので、私はタイ生活のおおよその感覚や土地勘はあるのですが、今からタイに来ようとしている後輩はやっぱり不安なことがあるようですね。


Hiroshi kanao interview icon実際にそういう声があるということは、インターネット上の情報はまだまだ足りてなかったり、認知されていないですね。(ブログのネタになるな)


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコンそうですね(笑)
例えば、家賃や電気代、水道代などの月々のお金のことや、セキュリティは大丈夫?とか、スーパーや飲食店はどこにあって、生活しやすいエリアはどこ?など。
そのような情報や、タイやASEANの現地で働いている人の声も、日本の若い世代にアセナビで発信していきたいです。


Hiroshi kanao interview icon今回の僕のインタビュー、役に立ちますかね?(笑)


アセナビ 副編集長 永瀬さん アイコン金尾さんのように20代で海外に出て頑張っている人がいることを知らない学生などもっと若い世代に、アセナビを通じて伝えていきたいです。
今のアセナビは、起業家の方のインタビュー記事が多いです。しかし、起業家にこだわらずに、海外で働く人のリアルな声を聞いて、アセナビで伝えていくことで、もっとASEANで働くことを身近に感じられるようにしたいです。


Hiroshi kanao interview icon(そうか、僕もギリギリ20代(28歳)だし、下の世代がグイグイきてもおかしくないな。。。負けないように頑張ろう。)



今回、永瀬さんにインタビューして頂いた内容は、アセナビで公開される予定だそうです。
すでに「新卒海外」のインタビュー特集や、他にもASEANで働く人についても特集されているので、是非チェックしてみてください。

アセナビURL:http://asenavi.com/
永瀬さん、インタビューして頂きありがとうございました。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です