タイ外務省領事局へ、国際結婚するための書類(結婚資格宣言書と独身証明)の認証手続きに行ってきた

タイ人と結婚 , , , ,

タイ国外務省・領事局に到着!

ジェーンワッタナーのお役所エリアが、きれいに整備されていて気持ちよかったので、つい歩いてみました。
トーモー(入国管理局)から徒歩で20分もかかりました。
バイタクつかいましょう。

これがタイ国外務省・領事局です。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー21
用意したカンペの「領事局(クロムガーンゴンスン)」のタイ文字と比較して確認しました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー22
中に入るとこんな感じです。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー24
入り口のセキュリティで、超簡単な荷物チェックを受けました。
ついでに、書類の認証はどこでできるか聞いてみました。

ラッブローング・エカサーン・ユー・ナイ・クラップ

すると、3階(チャン・サーン)だと教えてもらえました。
その前に英文の結婚資格宣言書と独身証明を翻訳しなくてはいけません。

エスカレーターで2階にあがると、目の前に翻訳屋さんがありました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー27

タイ外務省内で書類の翻訳をしてもらう

9:30
翻訳屋さんに、結婚資格宣言書と独身証明の翻訳をお願いしました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー26
この写真のブースには2件の翻訳屋さんがあり、左の方はお願いしたら14時に完了すると言われ、長過ぎるので断りました。
右の方にも聞いてみたら、11:00にできるそうなので、お願いしました。

翻訳をお願いするときに、僕の名前をタイ文字で書かされました。
僕の名前は、「ヒロシ カナオ」ですが、タイ文字の書き方によっては、「ヒーローシー カーナーオー」になったりするので、そのためらしいです。
どうでもいいんだけど。

タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー31
2つの書類で900バーツでした。

高いな、オイ。
入手していた事前情報によると、200バーツと聞いていましたが、タイも物価上がってるし、仕方ないと思ってしまいました。

(後に、安いところ見つける)

翻訳ができるまでタイ外務省の中で食事したりできる

1時間半ほど翻訳作業の時間がかかるそうなので、それだけ時間に余裕ができました。
タイ外務省内には、コンビニやカフェ、
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー25
フードコートもありました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー28
ちょうど朝ごはんを食べていなかったので、カオマンガイ(40バーツ)を食べたりして時間をつぶします。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー30
それでも小腹がすいたので、コンビニで豆を買って食べてましたが、
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー32

暇すぎる。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー33
パソコン持ってきたら仕事ちょっとできたな。

翻訳した書類を受け取って、3階の認証課へ!

翻訳屋さんに、預けた書類と、翻訳が完了した書類と合わせて申請用紙を1枚もらいました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー
赤く囲った箇所に、日付、自分の名前、パスポート番号、現住所、電話番号、サインを記入します。

記入したら、こちらに並んで整理券をもらいます。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー37
「アオ ラッブローング エカサーン」と伝え、次の書類を提出しました。

  1. 結婚資格宣言書の原本(英語)
  2. 結婚資格宣言書のタイ語訳文
  3. 独身証明の原本(英語)
  4. 独身証明のタイ語訳文
  5. 申請用紙

慣れた手つきで、整理券を発行してもらいます。

このとき、気づいてしまったのです。
ここでも翻訳できそうなことと、
掲示してある料金表に、200バーツの文字。

タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー40

無知って怖い

本当に200バーツで翻訳してくれるかは、悔しくて聞いてません。

認証には3日間かかるそうですが、また仕事休んでこないと受け取れません。
今日中に認証してくれる料金設定もあるそうですが、できないと言われてしまいました。

しかし、認証完了次第、EMSで送ってもらえるらしく、利用することにしました。
そして、提出した書類と整理券を持って、順番を待ちます。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー36
予想外にも、1分で僕の順番が来ました。
認証が完了したら、EMSでバンコクの自宅まで送ってもらいますので、封筒に自分の住所を書いたりしました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー38
さて、認証手続きにかかる料金は800バーツ+60バーツでした。
(60バーツはEMSの送料らしい)
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 バンコク タイ国外務省 ジェーンワッタナー39
こんな感じで、11:15には申請完了
午後には職場にもどって仕事できました。

今回かかった費用と時間

費用の合計 2,060バーツ

  • タクシー代 260バーツ
  • チャトチャック・タイ外務省間の往復

  • 申請費用 860バーツ
  • 手数料800バーツ、EMS送料60バーツ

  • 翻訳費用 900バーツ
  • 3階の受け付けなら200バーツだったかも

  • 食事(カオマンガイ) 40バーツ

タイムスケジュール
全工程 4時間

  • 8:00 MRTチャトチャック公園駅に到着
  • 8:15 タクシー乗車
  • 8:45 ジェーンワッタナーのイミグレーションに到着
  • 9:10 タイ外務省・領事局に到着
  • 9:30 書類の翻訳を依頼
  • 11:00 書類の翻訳完了
  • 11:15 認証の申請完了
  • 12:00 タクシーでMRTチャトチャック公園駅に戻ってくる

仕事も終わって、家に帰ってきてタイ人婚約者(翻訳できるスキルあり)に、翻訳に900バーツもかかったと話したら、
「これぐらい私にもできるのに、なんで900バーツも払ったの!?!?」
と責め立てられ、ケンカしそうになりました。

タイ国外務省・領事局の受付時間など

受付時間:8:30~11:30/13:00~15:30
住所:123 chaengwattana road, Lak Si, Bangkok
電話:国籍・認証課 02-575-1056~61, 代表番号 02-981-7171


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

“タイ外務省領事局へ、国際結婚するための書類(結婚資格宣言書と独身証明)の認証手続きに行ってきた” への 5 件のフィードバック

  1. 今月まさにこの件でタイ外務省領事局に行く予定なので大変参考になりました。感謝ですm(__)m

  2. 貴重な情報をありがとうございました。
    私は、リタイアメントビザを今年6月までに更新しなければならないのですが、昨年、チョンブリ(パタヤ)のイミグレでビザ申請取得したときに、在タイ日本大使館で発給された、「年金受給証明書」にタイ外務省の確証がないと指摘され、更新時は必ず確証をとるように指示されました。
    ジェーンワタナーの手続きは遠方でしかもとても手続きが面倒くさいというイメージがあったのですが、このブログを発見して目から鱗、不安が一気に解消さえました。
    微に入り、細に入りでこの通りやれば大丈夫と確信が持てました。
    翻訳も3階に先にいって、ダメなら2階のブースに行くことにします。

    一つお願いですが、掲載写真の2枚目にタイ外務省の外観をバックに、日本語タイ語の対訳と発音まで記載されたメモがありますね。もし宜しければこのメモだけのアップをアップロードしていただけると嬉しいです。
    拡大すると読めない箇所がありました。宜しくお願いします。

    1. お願いの件ですが、ページ1にありました。
      金尾さんは、公証書類が2つだったのですね。手数料はエクスプレスで1件、400Bで、ノーマルだと200Bだと判りました。
      いずれにせよ、金尾さんのブログをきっかけにいろいろ調べることが出来ました。ありがとうございました。申請、頑張ってみます。

  3. 2018年7月に、同じくタイ人との結婚の為に、外務省へ行ってきました。

    担当者や、その年の規則によって違うでしょうが、
    日本人のパスポート顔写真ページコピー
    日本人のビザコピー
    日本人の最終入国スタンプページコピー
    タイ人のIDカードのコピー
    も、必要でした。

    後、私も2Fの翻訳業者を使いましたが、値段800Bでした。
    後に、翻訳に不備があった際は無料で訂正してくれるとのことです。《要領収書提示》

    情報までに。

    こちらのブログのお陰で、助かっています。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です