【タイで国際結婚】結婚資格宣言書と独身証明書を受取に在タイ日本大使館へ行ってきた

タイ人と結婚 ,

タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 7前回、在タイ日本大使館に申請した、「結婚資格宣言書」と「独身証明」を受取に行きました。

広告



thai-flagฉบับภาษาไทย

受取に必要なもの

  1. 申請時に引換えにもらった、申請受理票
  2. 手数料(申請受理票に記載されている金額 850バーツ)
  3. パスポート(大使館へ入るための身分証として)

タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 1
結婚資格宣言書と独身証明書は、前もって在タイ日本大使館に申請する必要があります。
申請した翌開館日から受け取ることができます。
詳しくは前回の記事をご覧ください。
タイ人と結婚するために、在タイ日本大使館で「結婚資格宣言書」と「独身証明証」を申請しに行ってきた

在タイ日本大使館へ受け取りに行く

前日に申請し、2日連続で日本大使館へ行きます。
地下鉄MRTルンピニ駅の3番出口から徒歩5分です。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 2
徒歩5分ですが、歩きたくない場合はバイタクを使ってもいいでしょう。
駅を出ると、バイタクの詰め所があります。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 3
申請時と同じく、日本大使館の領事部の入り口から入ります。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 申請 バンコク 16

書類を受け取る

領事部の4番窓口の隣に、整理券の発券機があります。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 申請 バンコク 11
整理券(受取のEタイプ)を取ります。
Eのボタンを押すと整理券が出てきます。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 5
順番になったら、窓口へ整理券と申請受理票を提出します。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 6
一旦、結婚資格宣言書と独身証明書の内容を確認します。
窓口ではなく、席に座ってちゃんと確認するように誘導されます。

ちなみに結婚資格宣言書も独身証明書も、英語です。
英語ペラペラじゃなくても読める程度の英語なので、英語に自信がない僕でもマイペンライでした。

再度、窓口に2つの書類を持っていきます。
結婚資格証明書にパスポートと同じサインをします。

その後、手数料の850バーツを支払います。
結婚資格宣言書と独身証明書と、レシートを受け取りました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 7
タイの婚姻証明を日本語訳する際の、記入フォーマットももらいました。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 8
日本の婚姻届も提出する必要があるので、婚姻届の用紙ももらいました。
記入例も合わせてもらいます。
タイ人と結婚 国際結婚 婚姻手続き 結婚資格宣言書 独身証明 在タイ日本大使館 受け取り バンコク 9

今回受け取った書類

  1. 結婚資格宣言書(英語)
  2. 独身証明書(英語)
  3. 婚姻届と記入例
  4. タイの婚姻証明書の日本語訳フォーマット
  5. 手数料のレシート

次のステップは、1.と2.を英語からタイ語に翻訳してから、タイ外務省で認証してもらいに行きます。

ちなみに自分たちで翻訳できるので、自ら翻訳しても問題ないか聞いてみました。
独特の言葉の使い回しがあるので、慣れていれば構いません」とのことでした。

あまりオススメはしない感じだったので、タイ外務省での認証は、翻訳業者に任せようと思います。

在タイ日本大使館の受け付け時間と行き方

受付時間:8:30~12:00/13:30~16:00(月曜〜金曜)
休館日:土日とタイの祝日
詳しくは在タイ日本大使館Webサイトをご覧ください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/index.htm

行き方

地下鉄MRTルンピニ駅3番出口から徒歩5分ほど。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です