【帰任します!】日本へ本帰国することになりました

タイで仕事

日本本帰国
ついに、日本へ本帰国が決まりました。
2016年5月末までバンコクにはいる予定です。今は、お仕事や、その引き継ぎ、プライペートでは結婚式の準備などで、毎日バタバタしていますが、簡単に今後について書いておきます。

広告

日本へ戻ります!

バンコクに赴任した当時から、任期は3〜5年と言われていました。
他の会社でも、3〜5年がポピュラーな任期かと思います。

僕は2013年1月から赴任し、3年が経っています。
3年目に差し掛かった2016年1月、「今年から帰任の可能性がグンとあがる」と思っていました。
そしたら、年明け早々に、内示の内示の内示がありました。

「年内に日本へ返す」

とのこと。

ふっ、と心のどこかが軽くなりました。
しかし、他のどこかは重くなりました。

その当時、今のタイ人嫁と付き合っていたからです。

「これは、ケジメつけんならん」

ということで、プロポーズしました。
内示の内示の内示から、5日後にプロポーズしました。
そして、プロポーズしたときに、年内に日本に帰ることもタイ人嫁に伝え、日本にも着いてきてくれることになりました。

実は、プロポーズした理由のひとつに、帰任が決まったこともありました。
【結婚します】バンコクでプロポーズに成功!部屋を飾り付けてバラの花束をプレゼントしました!

で、結婚式はタイでやるんですが、帰任は「年内」と言われていたので、勝手に後半ぐらいだろうと思っていました。

しかし、5月!

2016年5月に帰任。
正式に辞令がでました。
(詳細な日にちは現在調整中)

ていうか、結婚式、マッハでやらんならんやん。

仕事、、、めっちゃやることあるやん。

引き継ぎ、、、めっちゃある。

転職してバンコクに残らないのか?

駐在員の本帰国が決まってから、よくあるのが、現地採用として転職してバンコクに残るケース。
もしくは、独立されて起業するケース。

僕もそのケースを考えなかったといえばウソになります。
しかし、転職も独立もしません

転職してまでバンコクやタイに居続けるメリットが、僕には少ない。
独立するにしても、頭のなかにある構想では、必ずしもタイにいる必要がない。
かといって、日本勤務になった途端に退職も考えていません。

このブログは続けます

ところで、日本にいながら、このブログ続けるの?って問題。
タイに関するブログとして始めましたが、

続けます

だって、嫁がタイ人だから(笑)

最近、結婚ネタばかりですが、
かなりケンカもしてるので、ネタたくさんあります(笑)

東京でお会いできる方、楽しみにしてます!

日本に行ったら、正直なところ、
実家から通える、富山県の高岡本社勤務のほうがよかったです(笑)

しかし、東京勤務になる予定です。
バンコクで出会った方で、帰国された方の多くも、東京在住なので再会できるのが楽しみです。

東京でお会いできる方、楽しみです!
タイはどんなところだったか知りたい方、情報交換できるとうれしいです!
だって、今の日本のリアルを、僕は知らないから(笑)

今流行りのお笑い芸人?
知らないぜぇ?ワイルドだろぉ?


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

“【帰任します!】日本へ本帰国することになりました” への 2 件のフィードバック

  1. 金尾様
    初対面でいきなりですが、御結婚おめでとうございます。バンコクのお店を検索していて、アセナビ副編集長、永瀬 晴香さんのインタビュー記事からプロポーズ、結婚、日本編への帰国のブログを一気に読みました。今はもう日本にいらっしゃるのかもしれませんね。結婚への過程や、その他お店情報(詳しい食べ方の情報は助かります。)、病院等、色々な内容があり本当に読み応えがあります。私は毎年1月から3月までの間だけバンコクへ滞在しているので、ローカルな情報がとても参考になります。なので、ちょうど婚姻届が受け取られた時に私はバンコクに居て、所用で日本大使館にも行っていたので、勝手に?嬉しくなってしまいました。しかし、もう日本へ帰られるのでバンコクの情報がなくなるのかと思うと残念ですが、日本での奥様の活躍に興味津々です。これからのブログも楽しみにしております。勝手な内容をだらだらと書いてしまいましたが、日本での生活が早く落ち着かれることを願っております。

  2. 金本さん
    コメントありがとうございます。相当ブログ内をサーフィンして頂いたようでうれしいですw
    これからタイのネタは、タイ人嫁頼みとなってしまいそうで、更新頻度は低くなりますが、細々と続けていくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です