【水かけ祭り】2日目 ウボンの市街へピックアップトラックで参戦

タイ国内の旅 ,

ウボン ソンクラン 17
ウボンの水かけ祭りに参戦してきましたー!

広告

こんばんわ、カナオです。
ウボンの水かけ祭りに来ています
ウボン ソンクラン

伝統的なソンクラン

ハデに水を掛け合うことで、有名になってしまっている水かけ祭り「ソンクラン」。
しかし、元々はタイの伝統的な仏教の行事です。

前日に、タイ人嫁の家族・親戚があつまって、手を合わせました。
ウボン ソンクラン 1
年長者から順番に仏像に水をかけていきます。
ウボン ソンクラン 2
年長者に続いて歳の順に水をかけて、年長者の手にも水をかけます。
ウボン ソンクラン 3
その後、全員でムーガタ(タイ式焼肉)を食べました。
ウボン ソンクラン 4
ムーガタのお持ち帰りセットです。
ウボン ソンクラン 5
扇風機で火をおこし、
ウボン ソンクラン 6
みなさんと、つっつきながら食べました。
ウボン ソンクラン 7
この時は飲み過ぎました。
ウボン ソンクラン 8
本来のソンクランはこういう感じだそうです。

水をかけあうソンクランへ参戦

バンコクの水かけ祭りに参加したことがあるので、ハデに水をかけあうのは、飽きてきているのですが、お義父さんが戦車を用意していました。

バンコクでは水鉄砲をもって練り歩くのが主なパターンです。
水もすぐなくなるので、補給も面倒です。

しかし、ピックアップトラックに大きな水瓶を載せて、バケツを使えば攻撃力はバツグン。
いざ出陣。
ウボン ソンクラン 9
シートベルトはしてないと罰金なのに、
ピックアップトラックの荷台に乗るのは、なんにもないというアメージング。
ウボン ソンクラン 10
すれ違うときに、かけあいます。

相手の水は、氷入りで、心臓が止まるかと思うぐらい冷たいケースがあります。
氷屋さんを営む家の前なんか、特に最悪です。


しかし、お義父さんが前日までに用意してくれた水は、
とっても温かいお湯状態。

冷えた体に染み渡る。

何度かバトルしているうちに、ウボンのメインストリートへ来ました。
しかし、なぜか、もう車は入れない!
ウボン ソンクラン 11
仕方ないので、結局歩いていくことに。
ウボン ソンクラン 12
なんか、暗くないですか?(笑)
ウボン ソンクラン 14
この暗さはバンコクにないので、かえって新鮮です。

時々クラブ化してる所があって、そこは賑やかです。

水かけ祭りで気をつけたいのが、氷水で狙撃されることだけではありません。

その気配はさっきから感じてます。
ウボン ソンクラン 15
さっきから踊ってるのがチラホラと。

やばい、こっち来た・・・
ウボン ソンクラン 16
オカマ「コンクゥ〜!!!」
(わたしのモノぉ〜!!!)

普通にもまれる、僕のてぃんてぃん。

オカマに抱きつかれる僕。

高笑いする、タイ人嫁。

吸われる、僕の乳首。

ダッシュで逃げて、帰ってきました。
オカマにモテるの、ほんとに困る。


関連記事

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です