VCCWでX-ServerからPullするとエラーになるときは、一旦SSH接続すると解決できる

ブログ・ITハック , , ,

Wordpress vccw初回エラー
日本帰任にむけてドタバタしていて、引き継ぎなどで今までのアウトプットをしています。
4月はなかなかブログでアウトプットできていなかったですが、今月はなんとか時間を見つけて少しづつアウトプットしています。
そこで、ブログにも手を入れてみたりしているのですが、VCCWの使ったらエラーになったので解決してみました。

広告

Pullしようとしたらエラーになる

VCCWはWordpressの本番環境を、コマンドで簡単に自分のPCのローカル環境にコピーしたりできる仕組みです。

しかし、コマンドをたたいて実行させなくてはいけないので、頻繁に使っていないと、すぐにコマンドを忘れます。

しかも、今回久しぶりにPullして、本番環境をローカル観葉にコピーしてみたらエラーがでて操作が進みませんでした。

$ wordmove pull --all

こんなエラーです。
スクリーンショット 2016 05 07 21 25 17

本番環境から開発環境へPullしたときに発生します。
オプションに”–all”をつけて、全てコピーさせようとしました。
どうやら、データベースをコピーしているときにエラーになっているようです。

原因は、結果的にSSH接続がうまくいっていないからのようです。

解決方法

まずは、ターミナルをひらいて、Vagrantを起動する前に、X-ServerへSSH接続します。

$ ssh サーバID@サーバID.xsrv.jp -p 10022

サーバIDの部分は、自身のX-ServerのサーバIDになります。
SSH接続して、ターミナルからサーバ上のフォルダを、lsで見れたりすることを確認します。

$ ls

確認できたら、exitしてSSH接続から抜けます。

$ exit
logout
Connection to hiroshi-k.xsrv.jp closed.

あとは、VCCWを起動させて、普通に動かしていきます。

$ cd vccw(VCCWのあるフォルダ)

Vagrantを起動していない場合は、upして起動します。

$ vagrant up

vagrantでSSH接続します。

$ vagrant ssh

vagrantフォルダへ移動します。

$ cd /vagrant/

Pullしてみます。

$ wordmove pull --all

今回、私の場合は、これで解決しました。


広告

この記事を書いた人

金尾 浩史

2013年1月から2016年5月までタイ・バンコクで働いていました。 嫁はタイ人。タイ人との国際結婚や、タイでの生活を紹介しています。 富山県出身1987年生まれ。  Twitter:@HiroshiKanao  Facebook:Hiroshi.Kanao  Instagram:hiroshi_kanao

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です